(独) 国立環境研究所 侵入生物データベース Japanese | English
  1. 侵入生物データベース >
  2. 日本の外来生物 >
  3. 魚類 アラートリスト >
  4. コウライケツギョ

コウライケツギョ

基本・侵入情報 参考資料リスト
基本情報
和名 コウライケツギョ (写真なし)
分類群 硬骨魚綱 スズキ目 ケツギョ科
(Percichthyidae, Perciformes, Actinopterygii)
学名 Siniperca scherzeri
英名等 Mandarin fish, Sogari
自然分布 朝鮮半島,中国大陸,ベトナム
形態 体長30cm.スズキ型の体系.下顎が上顎よりも突出.尾びれの後端は丸い.ケツギョに似るが,体高が低く,頭部に黒斑があり,体側に縁取りのある不規則なヒョウ柄の小黒斑がある点で異なる.
生息環境 湖沼,河川(ある程度流れのある水のきれいな水域)に生息する.
繁殖生態 繁殖期:3-7月
砂利が敷かれた瀬で産卵する.
生態的特性 2~3cmの稚魚は,流れが緩やかな水草帯などに生息.
食性:成魚は魚類・甲殻類を捕食.仔魚は動物プランクトンを捕食.
侵入情報
国内移入分布 国内未定着 国内分布図
※必ずしも色が塗られた地域全体に分布するわけではありません
移入元
侵入経路 観賞用に輸入されたことがある.韓国では食用にされる.
侵入年代
影響 不明.捕食圧・競争圧により在来生態系に影響を与える可能性あり.
影響を受ける在来生物:魚類,甲殻類など
法的扱い 外来生物法で特定外来種に2次指定された.
防除方法
問題点等
海外移入分布 なし
備考
韓国では「ソガリ」と呼ばれ,絶滅が危惧されていてる.白身で味は淡泊.観賞魚として同属のケツギョ (S. chuatsi)・暗ケツギョ (S. loona)も輸入されていた.
基本・侵入情報 参考資料リスト