(独) 国立環境研究所 侵入生物データベース Japanese | English
  1. 侵入生物データベース >
  2. 日本の外来生物 >
  3. 魚類 アラートリスト >
  4. マスキーパイク

マスキーパイク

基本・侵入情報 参考資料リスト
基本情報
和名 マスキーパイク (写真なし)
分類群 硬骨魚綱 カワカマス目 パイク科
(Esocidae, Esociformes, Actinopterygii)
学名 Esox masquinongy
英名等 Muskellunge, Muskinonge, Musky
自然分布 五大湖以南から米国中部にかけて棲息
形態 体長~200cmに達する.アヒルのような口をしている.垂直の縞模様がある.(本属中最大の種)
生息環境 湖,池,水温が低く,流れの緩やかで藻類が多い河川や湖沼.
温度選好性:水温26度以下,長時間で無ければ32度の高温にも耐えられる
繁殖生態 繁殖期:産卵期は春で4月~5月,ノーザンパイクより2週間ほど遅い.産卵は1週間ほど続く.
小川や湖の岸辺など水生植物の生える場所に産卵する.産仔数:1万~22万粒,8~14日で孵化する.水が9.4~15℃になると産卵する.
生態的特性 大型の肉食魚である.
食性:肉食で他の魚類やアヒル,マスクラットなどの小動物も襲って食べる.
侵入情報
国内移入分布 国内未定着 国内分布図
※必ずしも色が塗られた地域全体に分布するわけではありません
移入元
侵入経路 観賞魚として輸入されていたことがある.米国では釣り対象として放流されたことがある.
侵入年代
影響 捕食,競合の可能性あり
影響を受ける在来生物:水辺の小型動物
法的扱い 外来生物法で特定外来種に2次指定された.移入規制種(佐賀県 環境の保全と創造に関する条例).イギリス・ニュージーランドでは持ち込みが制限されている.
防除方法 逃がさない
問題点等
海外移入分布 モロッコに持ち込まれたことがあるが,定着しなかった
備考
大型になり,在来魚や
基本・侵入情報 参考資料リスト