(独) 国立環境研究所 侵入生物データベース Japanese | English
  1. 侵入生物データベース >
  2. 日本の外来生物 >
  3. 魚類 >
  4. イトモロコ

イトモロコ

基本・侵入情報 参考資料リスト
基本情報
和名 イトモロコ

クリックすると拡大画像が表示されます

イトモロコ
分類群 硬骨魚綱 コイ目 コイ科
(Cyprinidae, Cypriniformes, Actinopterygii)
学名 Squalidus gracilis gracilis
英名等 Itomoroko
自然分布 濃尾平野以西の本州,四国北東部,九州北部,壱岐島,五島列島福江島
形態 全長8cm.体は太短く,頭部の背縁がほかの2種よりも盛り上がる.眼は大きい.吻はとがり,その長さは日本産スゴモロコ属魚類のなかで最大.口ヒゲは長く,その長さは瞳の径を越える.縦列鱗数が33~36と少なく,側線鱗が上下に大きい.体部背面では網目状の暗色斑が目立ち,体側の暗点列を欠く.
生息環境 川の中・下流域や,灌漑用水路.
繁殖生態 卵は粘性の弱い沈性卵で,直接水底にばらまかれるらしい.
繁殖期:5~6月
生態的特性 流れのゆるやかな砂底・砂礫底に多く,常に底近くを群泳している.
食性:雑食性で,水生昆虫,動物プランクトン,付着藻類などを食べる.
侵入情報
国内移入分布 神奈川県(相模川),静岡県 国内分布図
※必ずしも色が塗られた地域全体に分布するわけではありません
移入元 日本国内
侵入経路 不明
侵入年代 不明
影響 不明
法的扱い なし
防除方法
問題点等
海外移入分布 なし
備考
基本・侵入情報 参考資料リスト