(独) 国立環境研究所 侵入生物データベース Japanese | English
  1. 侵入生物データベース >
  2. 日本の外来生物 >
  3. 魚類 >
  4. オオタナゴ

オオタナゴ

基本・侵入情報 参考資料リスト
基本情報
和名 オオタナゴ

クリックすると拡大画像が表示されます

オオタナゴ
分類群 硬骨魚綱 コイ目 コイ科
(Cyprinidae, Cypriniformes, Actinopterygii)
学名 Acheilognathus macropterus
英名等
自然分布 ロシア沿海地方,中国,朝鮮半島,ベトナム北部
形態 全長20cm.在来のタナゴ類より大型.雌雄ともに婚姻色が不明瞭.
生息環境 平野部の池や河川の淀み.霞ヶ浦では沿岸~沖合までいるが,冬は水深4m程度の場所で越冬している.
繁殖生態 淡水産二枚貝の胎内に産卵するが,国内で産卵している貝の種不明.
繁殖期:4-8月
生態的特性 食性:雑食性と思われる.
侵入情報
国内移入分布 茨城県霞ヶ浦,北浦. 国内分布図
※必ずしも色が塗られた地域全体に分布するわけではありません
移入元 大陸中国
侵入経路 不明だが,ペット由来,種苗に混入,真珠養殖用二枚貝(ヒレイケチョウガイ等)への混入などといわれる.
侵入年代 2001年頃に霞ヶ浦で初確認.1999年にはすでに繁殖していたと考えられている.北浦では,2003年頃から.
影響 在来タナゴ類との産卵母貝をめぐる競合,交雑のおそれあり.
影響を受ける生物:在来タナゴ類
法的扱い 指定外来種(滋賀県 ふるさと滋賀の野生動植物との共生に関する条例).
防除方法 池干し
問題点等
海外移入分布
備考
外来生物法で要注意外来生物に指定された.
基本・侵入情報 参考資料リスト