(独) 国立環境研究所 侵入生物データベース Japanese | English
  1. 侵入生物データベース >
  2. 日本の外来生物 >
  3. 両生類 >
  4. サキシマヌマガエル

サキシマヌマガエル

基本・侵入情報 参考資料リスト
基本情報
和名 サキシマヌマガエル (写真なし)
分類群 両生綱 無尾目 アカガエル科
(Ranidae, Anura, Amphibia)
学名 Fejervarya sakishimemsis
英名等 Sakishima rice frog
自然分布 日本固有種.先島諸島(池間島,宮古島,伊良部島,下地島,来間島,石垣島,竹富島,小浜島,西表島,波照間島)に自然分布.
形態 体長♂41~57mm,♀50~69mm.ヌマガエルに似るが,大型で背中線を持つことがあり,鳴き声も異なる.腹面は白く,背側線はない.背面正中線に淡色の筋模様を持つ個体もいる.染色体数2n=26.
生息環境 近縁種のヌマガエルに比べて,水辺から離れた場所にも住む傾向.平地の水田・池から,水辺から離れた森林などにも見られる.
繁殖生態 水田や池のほか,一時的な水溜りなどの浅い止水に産卵.繁殖行動はヌマガエルに似る.雄は水田などで鳴く.雌は卵を小さな卵塊として,何度にも分けて移動しながら産む.卵塊は水面に層状に浮き,水草などに付着することもある.
生態的特性 近縁種のヌマガエルと異なり,水辺から離れた森林の中でも生活する.ヘビ類,鳥類,イリオモテヤマネコに捕食される.
侵入情報
国内移入分布 大東諸島(北大東島,南大東島),先島諸島(多良間島,黒島,与那国島)に移入されている. 国内分布図
※必ずしも色が塗られた地域全体に分布するわけではありません
移入元 石垣島(与那国島移入集団).その他の移入集団については不明.
侵入経路 不明
侵入年代 与那国島には1920年代前半に移入された.大東諸島には,1921年ごろおよび1970年代に移入された.
影響 不明だが,小型節足動物等の捕食などがありうる.
影響を受ける生物:餌となる小型節足動物など.
法的扱い なし
防除方法
問題点等
海外移入分布
備考
基本・侵入情報 参考資料リスト