(独) 国立環境研究所 侵入生物データベース Japanese | English
  1. 侵入生物データベース >
  2. 日本の外来生物 >
  3. 両生類 >
  4. トウキョウダルマガエル

トウキョウダルマガエル

基本・侵入情報 参考資料リスト
基本情報
和名 トウキョウダルマガエル

クリックすると拡大画像が表示されます

トウキョウダルマガエル
分類群 両生綱 無尾目 アカガエル科
(Ranidae, Anura, Amphibia)
学名 Rana porosa porosa
英名等 Tokyo daruma pond frog
自然分布 関東地方,仙台平野,信濃川流域
形態 体長雄35~75mm,雌45~85mm.体重5~35g.トノサマガエルによく似るが,背面の黒い斑紋は丸くて孤立している.後肢はより短い.背中線を持つ.染色体数2n=26.
生息環境 平地や盆地の水田や池.
温度選好性:不明.
繁殖生態 水田などの止水に雄が集まり「ンゲゲゲゲ…」という声で鳴く.不規則な塊状の卵塊を数回に分けて産出することが多い.産仔数:一腹内の完熟卵数は800~2,200個.
繁殖期:4~7月.
生態的特性 主に水田に生息し,繁殖期のオスは集団ディスプレイを行う.
食性:肉食性.昆虫やクモ,ミミズ等.カエルをよく捕食し,小型のヘビを捕食することもある.
侵入情報
国内移入分布 北海道 岩見沢町 国内分布図
※必ずしも色が塗られた地域全体に分布するわけではありません
移入元
侵入経路 学校の実験用教材として持ち込まれ遺棄された可能性が高い.
侵入年代 北海道では1990年に初めて確認され,1997年には定着が確認された.
影響
法的扱い 特になし.
防除方法 繁殖期を中心に水辺を見回り,成体や卵塊,幼生を取り除くことが現実的.
問題点等
海外移入分布
備考
基本・侵入情報 参考資料リスト