(独) 国立環境研究所 侵入生物データベース Japanese | English
  1. 侵入生物データベース >
  2. 日本の外来生物 >
  3. 爬虫類 アラートリスト >
  4. ヒョウモントカゲモドキ

ヒョウモントカゲモドキ

基本・侵入情報 参考資料リスト
基本情報
和名 ヒョウモントカゲモドキ

クリックすると拡大画像が表示されます

ヒョウモントカゲモドキ
分類群 爬虫綱 有鱗目 トカゲ亜目 トカゲモドキ科
(Eublepharidae, Sauria (Lacertilia), Squamata, Reptilia)
学名 Eublepharis macularius
英名等 Leopard gecko
自然分布 イラン東部,アフガニスタン東部,パキスタン,インド北西部.
形態 全長20-25cm程度.体色は黄褐色の地に暗褐色~黒色の斑紋を持つヒョウ柄模様だが,ブリーダーによって様々な色彩の品種がつくられている.上下まぶたを動かして目を閉じることができる.吸盤状の指下板は無い.
生息環境 岩砂漠,低木林など
繁殖生態 雌は年5-6回繁殖.一度に2卵ずつ.性は胚発生時の温度によって決定される.
生態的特性 夜行性.
食性:昆虫など.
侵入情報
国内移入分布 国内には未定着.ただし,ペットとして多数飼育されている. 国内分布図
※必ずしも色が塗られた地域全体に分布するわけではありません
移入元
侵入経路 ペットとして多数流通している.
侵入年代
影響 爬虫類に病原性を持つ原虫 クリプトスポリジウム Cryptosporidium spp. に感染している場合があり,在来爬虫類への感染が懸念される.
影響を受ける在来生物:在来爬虫類
法的扱い 要注意外来生物(外来生物法)
防除方法
問題点等
海外移入分布
備考
要注意外来生物(外来生物法)
基本・侵入情報 参考資料リスト