(独) 国立環境研究所 侵入生物データベース Japanese | English
  1. 侵入生物データベース >
  2. 日本の外来生物 >
  3. 爬虫類 >
  4. ニホントカゲ

ニホントカゲ

基本・侵入情報 参考資料リスト
基本情報
和名 ニホントカゲ

クリックすると拡大画像が表示されます

ニホントカゲ
分類群 爬虫綱 有鱗目 トカゲ亜目 トカゲ科
(Scincidae, Sauria (Lacertilia), Squamata, Reptilia)
学名 Plestiodon japonicus
主なシノニム Eumeces japonicus, Eumeces latiscutatus
英名等 Japanese skink, Japanese five-lined skink
自然分布 近畿中・北西部~西日本とその周辺島嶼.
形態 中程度のサイズのトカゲ.頭胴長は孵化幼体で30mm程度,成体で60~80mm程度.幼体は胴体~頭部の背面・側面は黒地に白~黄色の縦線模様を持ち,背中線は頭頂部で二分岐模様になる.尾は鮮やかな青.成体は背面はオリーブ色~茶褐色で,体側に黒褐色になり,尾も胴体とほぼ同じ色になる.胴体中央付近の体鱗列数は24~28列で多くは26列.多くの個体で,後鼻板と上唇板が接し,左右の前額板が接する.
本種が定着している八丈島のオカダトカゲ在来個体群は,幼体が胴体に明瞭なストライプ模様を持たない点,体鱗列数が26~30列で多くは28列である点で異なる.
生息環境 森林~市街地などの日当たりの良い場所.
繁殖生態 繁殖期:京都では4月~5月
生後2~3年で性成熟.交尾期の4月~5月は雄が活発に活動.梅雨ごろに産卵し,雌は卵の世話をする.7月下旬頃に孵化.
生態的特性 昼行性で,日当たりのよい場所でバスキング(日光浴)して体温を上げて活動する.主に地上で活動.
侵入情報
国内移入分布 八丈島(伊豆諸島)に移入され,定着している. 国内分布図
※必ずしも色が塗られた地域全体に分布するわけではありません
移入元 ミトコンドリアDNAのデータから,九州東部~南部(大分・宮崎・島嶼部を除く鹿児島)と推定されている.
侵入経路 不明
侵入年代 2003年の秋までに移入.
影響 在来の近縁種オカダトカゲ P. latiscutatus と競合または交雑する可能性がある.
法的扱い なし.
防除方法
問題点等
海外移入分布
備考
本種の分類が最近変更され,東日本とロシア沿海州のものは別種ヒガシニホントカゲ P. finitimus となった.八丈島の外来個体群は,狭義のニホントカゲ.
基本・侵入情報 参考資料リスト