(独) 国立環境研究所 侵入生物データベース Japanese | English
  1. 侵入生物データベース >
  2. 日本の外来生物 >
  3. 爬虫類 アラートリスト >
  4. マングローブヘビ

マングローブヘビ

基本・侵入情報 参考資料リスト
基本情報
和名 マングローブヘビ

クリックすると拡大画像が表示されます

マングローブヘビ
分類群 爬虫綱 有鱗目 ヘビ亜目 ナミヘビ科
(Colubridae, Ophidia (Serpentia), Squamata, Reptilia)
学名 Boiga dendrophila
英名等 Gold-ringed Cat Snake, Mangrove Snake
自然分布 インドネシア,インドシナ半島,フィリピン.
形態 全長1.7~2m,最大2.5mに達する大型のヘビ.黒地に黄色い縞模様が入る.あごの下面は黄色い.
生息環境 熱帯の低地林.樹上性.
温度選好性:飼育下では25℃から30℃程度と言われる
繁殖生態 産卵.産仔数:10個前後を年に数回産卵する
生態的特性 防御のためによく噛み付く.夜行性,樹上性.
食性:両生類,爬虫類,鳥類,小型哺乳類など
侵入情報
国内移入分布 国内未定着 国内分布図
※必ずしも色が塗られた地域全体に分布するわけではありません
移入元
侵入経路 ペットとして人気があり,輸入されていた.
侵入年代 国内での定着は記録されていない.
影響 在来種に対する捕食・競合が予想される.
影響を受ける在来生物:捕食される小動物.競合するヘビ類など.
法的扱い 外来生物法で特定外来生物に2008年に指定された.
防除方法 ペットは逃がさない,輸入しない.
問題点等
海外移入分布
備考
ペットとして人気があった
基本・侵入情報 参考資料リスト