(独) 国立環境研究所 侵入生物データベース Japanese | English
  1. 侵入生物データベース >
  2. 日本の外来生物 >
  3. 鳥類 >
  4. ベニスズメ

ベニスズメ

基本・侵入情報 参考資料リスト
基本情報
和名 ベニスズメ

クリックすると拡大画像が表示されます

ベニスズメ
分類群 鳥綱 スズメ目 カエデチョウ科
(Estrildidae, Passeriformes, Aves)
学名 Amandava amandava
英名等 Red avadavat, Red munia, Avadavat, Strawberry finch, Red waxbill, Scarlet amandava, Amandava
自然分布 パキスタン,インド,ベトナム,マレー半島
形態 全長10cmで,雌雄の羽彩は異なる .雄は全体が深紅色で,翼,胸,腹の両脇に白点が並ぶ.雌は頭から翼にかけ暗褐色,胸,腹は黄色.翼に2列の白点が並ぶが体側にはない.
生息環境 草原,ヨシ原,河川敷,潅木林,埋立地など.
繁殖生態 産仔数:1回に4~7卵
繁殖期:原産地では繁殖期は6~12月
生態的特性 原産地ではつがい,小さな群で行動することが多く,冬季には他のカエデチョウ類と100羽を越える群を形成することがある.国内では留鳥.
食性:原産地では種子,昆虫
侵入情報
国内移入分布 東京,神奈川,大阪,京都,滋賀,奈良,兵庫,新潟で繁殖した記録があり,宮城・山形以南の琉球列島を除く多くの地域でも生息が確認されている. 国内分布図
※必ずしも色が塗られた地域全体に分布するわけではありません
移入元
侵入経路 愛玩用・観賞用に輸入された飼い鳥が逃げ出した,あるいは飼い主によって放たれ,野生化したと考えられる.
侵入年代 江戸時代前期から飼い鳥として輸入された記録がある.1960年頃から多摩川,荒川の河川敷で頻繁に観察されるようになった.兵庫では1964~1973年に連続して繁殖が確認された.
影響 在来種との関係はよくわかってないが,少なくとも現在は個体数が多くないので,大きな生態影響はないと考えられる.海外の移入先では農作物の被害が報告されている.
法的扱い
防除方法
問題点等
海外移入分布 ルソン島,スマトラ島,シンガポール,アフガニスタン,イラン,サウジアラビア,イスラエル,イタリア,スペイン,ポルトガル,エジプト,ドミニカ共和国,プエルトリコ,小アンチル,ハワイ,レユニオン,バヌアツ,フィジー等
備考
基本・侵入情報 参考資料リスト