(独) 国立環境研究所 侵入生物データベース Japanese | English
  1. 侵入生物データベース >
  2. 日本の外来生物 >
  3. 鳥類 >
  4. コジュケイ

コジュケイ

基本・侵入情報 参考資料リスト
基本情報
和名 コジュケイ

クリックすると拡大画像が表示されます

コジュケイ
分類群 鳥綱 キジ目 キジ科
(Phasianidae, Galliformes, Aves)
学名 Bambusicola thoracica thoracica
英名等 Chinese bamboo partridge, Chinese bamboo pheasant
自然分布 中国南部
形態 全長28~33cm.雄の方がやや大きい.頭頂から後頸は薄い暗褐色で,眼の上の先から後頸の側と胸は灰褐色.背,腰,腹は薄い褐色で,背には横に並ぶ濃い褐色のまだら,腹には暗褐色のまだらがある.尾は短い.
生息環境 平地から山地の薮の多い疎林や林縁.標高の高いところにはほとんど定着せず,積雪の多い地方は生息に適さないと考えられている.
温度選好性:亜熱帯の鳥で寒さに弱い
繁殖生態 産仔数:1回に7~8卵
繁殖期:産卵期は4~6月
生態的特性 非繁殖期は2~20羽ほどの群で行動することが多い.巣は低木やササの下草でおおわれた場所にくぼみを掘り,草を敷く.国内では留鳥.
食性:草木の葉,種子,昆虫類,クモ類
侵入情報
国内移入分布 本州(一部寒冷地を除く),四国,九州,佐渡島,伊豆諸島,小笠原諸島,淡路島,隠岐,対馬,五島列島,大隅諸島など 国内分布図
※必ずしも色が塗られた地域全体に分布するわけではありません
移入元
侵入経路 1915年に東京で飼育していた2つがいが逸走したのが最初で,1919年に東京付近で放鳥され,個体数が増え続けた.関東大震災の時にも飼い鳥が多く逸出した.昭和5,6年から狩猟鳥として全国各地で盛んに放たれた.
侵入年代 最初の野外放逐は,1915年東京都における逸出.
影響 在来種への影響はほとんどないと考えられているが,御蔵島におけるアカコッコの減少は,コジュケイとの餌資源を巡る競合による可能性が指摘されている.
影響を受ける生物:御蔵島ではアカコッコ
法的扱い 狩猟鳥(鳥獣保護法).毎年11月15日から翌年2月15日の期間中に1日5羽までの狩猟が認められている.
防除方法
問題点等
海外移入分布 なし
備考
基本・侵入情報 参考資料リスト