(独) 国立環境研究所 侵入生物データベース Japanese | English
  1. 侵入生物データベース >
  2. 日本の外来生物 >
  3. 哺乳類 >
  4. ニホンジネズミ

ニホンジネズミ

基本・侵入情報 参考資料リスト
基本情報
和名 ニホンジネズミ (写真なし)
分類群 哺乳綱 トガリネズミ形目 トガリネズミ科
(Soricidae, Soricomorpha, Mammalia)
学名 Crocidura dsinezumi
英名等 Dsinezumi shrew, Japanese white-toothed shrew
自然分布 本州・四国・九州とその周辺島嶼:佐渡島,粟島,隠岐諸島,伊豆諸島(利島,新島,式根島),見島,五島列島,大隅諸島(屋久島,種子島,口永良部島),トカラ列島(口之島,中之島)
形態 中型のジネズミで,頭胴長61~84mm,尾長39~54mm(尾率<70%),頭骨長前16.7~21mm,足長7~9mm,後足長115~150mm,耳長7.1~9.1mm,体重5~12.5g程度.毛色は地域個体群により変異がある.冬季の毛色は灰褐色~褐色,夏季ではやや黄褐色がかる.尾の基部寄りの部分に剛毛がまばらに生える.
生息環境 低地~低山(標高<1780m)の川岸の土手,農地周辺の茂みなど.
繁殖生態 妊娠期間26~33日程度(平均28.9日,飼育下),産仔数1~5(野生化.飼育下では1~4で平均2.6).
繁殖期:精巣サイズから4~10月と推定されている.
生態的特性 食性:昆虫(甲虫,鱗翅類,膜翅類),甲殻類,陸産貝,ミミズなど.
フクロウ,ヘビ類などに捕食される.
侵入情報
国内移入分布 北海道東部 国内分布図
※必ずしも色が塗られた地域全体に分布するわけではありません
移入元 DNAデータから東北地方と考えられている.
侵入経路
侵入年代
影響
法的扱い
防除方法
問題点等
海外移入分布 済州島(韓国).DNAデータから西日本由来と考えられている.
備考
基本・侵入情報 参考資料リスト