(独) 国立環境研究所 侵入生物データベース Japanese | English
  1. 侵入生物データベース >
  2. 日本の外来生物 >
  3. 哺乳類 >
  4. ホンドテン

ホンドテン

基本・侵入情報 参考資料リスト
基本情報
和名 ホンドテン, ニホンテン

クリックすると拡大画像が表示されます

ホンドテン
分類群 哺乳綱 食肉目(ネコ目) イタチ科
(Mustelidae, Carnivora, Mammalia)
学名 Martes melampus melampus
英名等 Yellow marten, Japanese marten
自然分布 本州,四国,九州.亜種ツシマテン M. m. tsuensis が対馬に分布.
形態 毛色には,胸にオレンジ斑をもち,鮮やかな黄色をした個体(“キテン”)から黒褐色をしたもの(“スステン”)まで変異が大きい.遺伝的には比較的均一.北海道の移入個体群は黄色のキテンのみ.頭胴長45cm,尾長19cm,体重1.1~1.5kg.耳介がはっきりと外に出ること,前臼歯が4/4であることで他のイタチ類と区別できる.
生息環境 広葉樹の森林(自然林・二次林),樹木があれば人家周辺にも見られる.
繁殖生態 繁殖期:交尾期:7~8月,妊娠期間:着床遅延を含めて8~9ヶ月,出産期:4~5月
産仔数:2~4
生態的特性 単独で生活.
食性:齧歯類,鳥類,両生爬虫類,昆虫類,土壌動物,果実類
侵入情報
国内移入分布 北海道南部,佐渡島. 国内分布図
※必ずしも色が塗られた地域全体に分布するわけではありません
移入元 東北地方(→北海道).佐渡島個体群の起源は本州と考えられるが詳細不明.
侵入経路 北海道には,毛皮生産のため東北地方から導入.
佐渡島には,林業害獣であったノウサギ駆除のため導入された.
侵入年代 北海道では,第二時世界大戦直前から毛皮生産のため飼育され,その後放逐さされた.
佐渡島には,1959~1963年に放逐.
影響 在来種との競合,交雑.捕食.農業被害.
影響を受ける在来生物:北海道では,競合・交雑のおそれのあるエゾクロテン Mertes zibellina
佐渡島では,捕食により減少しつつあるノウサギ(固有亜種サドノウサギ Lepus branchyurus lyoni とされることがある).
法的扱い 狩猟鳥獣(鳥獣保護法)
防除方法
問題点等
海外移入分布
備考
環境省の事業により佐渡島で飼育・繁殖が行われているトキに対し,2010年3月に本種による食害が生じたことがある.
基本・侵入情報 参考資料リスト