(独) 国立環境研究所 侵入生物データベース Japanese | English
  1. 侵入生物データベース >
  2. 日本の外来生物 >
  3. 哺乳類 >
  4. タイワンザル

タイワンザル

基本・侵入情報 参考資料リスト
基本情報
和名 タイワンザル

クリックすると拡大画像が表示されます

タイワンザル
分類群 哺乳綱 霊長目(サル目) オナガザル科
(Cercopithecidae, Primates, Mammalia)
学名 Macaca cyclopis
英名等 Taiwan macaque, Formosan rock macaque
自然分布 台湾
形態 ニホンザルと同程度のサイズのサル.雄40~55cm,雌35~45cm,体重は6~10kg,尾長はニホンザルよりはるかに長く,頭胴長の7割ほど(25~35cm).毛色は,背面は灰色~褐色で腹面は白っぽい.四肢の先は黒い.顔面と臀部は無毛で赤い.
生息環境 平地から亜高山帯までの樹林に生息するが,暖温帯以下に多い.
繁殖生態 繁殖期:11月~1月に交尾.4~6月に出産.
雌は4~5歳,雄は5~6歳で性成熟.雌は2年に一回,9歳ごろまで繁殖.産仔数:1
生態的特性 1頭(単雄群)または数頭(複雄群)の雄成体,および雌成体とその子供達からなる数頭から数十頭の群で生活し,昼行性で樹上および地上で活動する.
食性:雑食性で果実,種子,木の葉,草の葉,昆虫等
侵入情報
国内移入分布 伊豆大島(伊豆諸島),大根島(静岡県南伊豆町),和歌山県北部.
青森県下北半島にも定着したが,全頭捕獲された.
国内分布図
※必ずしも色が塗られた地域全体に分布するわけではありません
移入元 台湾
侵入経路 動物園・観光施設等から逸出(下北半島,伊豆大島,和歌山),観光資源化目的での故意の放逐(大根島)
侵入年代 最も早期に野生化したのは伊豆大島(1940年頃).和歌山では1954年頃に閉鎖した動物園の飼育個体が野生化.南伊豆では観光客誘致のため1964年に導入.下北半島のものは1952年ごろに輸入されて十和田で飼育され,1971年ごろから下北で半野外状態で放し飼いにされていた.
影響 ニホンザルとの交雑,農業被害
影響を受ける在来生物:ニホンザル,農作物(和歌山ではミカン,タケノコなど.伊豆大島ではサツマイモ,トウモロコシ,アシタバ,ツバキなど)
法的扱い 外来生物法で特定外来生物に指定された.
防除方法 和歌山では,避妊手術を施し発信機を装着した個体の追跡による行動圏の特定,大型オリによる捕獲が行われ,効果があがっている.
問題点等
海外移入分布
備考
日本の侵略的外来種ワースト100 指定種.
タイワンザル・カクニイザル・アカゲザル・ニホンザルを除くMacaca属は未判定外来生物.

和歌山では2002年からの計画的な対策により,2009年時点で残り20頭程度以下となっている.大根島では特に対策は取られていないが,植生の乏しい5ha程度の島のためか自然に数を減らし,残り数頭となっている.伊豆大島では依然として多数生息している.
基本・侵入情報 参考資料リスト