(独) 国立環境研究所 侵入生物データベース Japanese | English
  1. 侵入生物データベース >
  2. 日本の外来生物 >
  3. 哺乳類 >
  4. ハリネズミ属

ハリネズミ属

基本・侵入情報 参考資料リスト
基本情報
和名 ハリネズミ属

クリックすると拡大画像が表示されます

ハリネズミ属
分類群 哺乳綱 ハリネズミ形目 ハリネズミ科
(Erinaceidae, Erinaceomorpha, Mammalia)
学名 Erinaceus spp.
英名等 Hedgehogs of Genus Erinaceus
自然分布 西欧・アゾレス諸島(ナミハリネズミ E. europaeus),中東(ヒトイロハリネズミ E. concolor),東欧(E. roumanicus),東アジア~北東アジア(アムールハリネズミ E. amurensis).
形態 頭胴長230~370mm,尾長23~37mm,体重500~900g,体色は茶色.かたく鋭い毛で覆われる.
生息環境 草地,林縁,農地,湿地など.ときどき森林にも生息する.
繁殖生態 繁殖期:(海外)5月~9月
産仔数:(海外)4~6,年1~2回出産
生態的特性 夜行性.冬期は冬眠する.草などで巣を作る.
食性:昆虫,ミミズ,クモ,陸貝,ネズミ類,カエル類,トカゲ類,ヘビ類等の地表性小動物,鳥類(卵),果実類
侵入情報
国内移入分布 静岡県,神奈川にアムールハリネズミが定着.岩手・長野・富山・栃木で目撃例・捕獲例あり. 国内分布図
※必ずしも色が塗られた地域全体に分布するわけではありません
移入元
侵入経路 ペットの逸走等
侵入年代 不明
影響 在来生物への捕食圧
影響を受ける在来生物:陸産小型動物など.海外では鳥類の卵の捕食例あり.
法的扱い 外来生物法で特定外来生物に指定された.
防除方法
問題点等
海外移入分布 ニュージーランドにナミハリネズミが移入されている.
備考
アフリカハリネズミ属 Atelerix(ミツユビハリネズミ A. albiventrisを除く),オオミミハリネズミ属 HemiechinusMesechinus属の全種は,未判定外来生物.
基本・侵入情報 参考資料リスト