sunflower photo
Index of
東アジア海域
海洋環境モニタリング


1.海洋環境モニタリングとは?
2.モニタリングの概要
3.観測・分析方法
 ・観測方法
 ・分析方法

4.観測結果

5.データ
6.今後の展開
7.参考資料
 ・共同研究者・協力機関
 ・参考文献

8.研究発表一覧
 ・誌上発表
 ・口頭発表

9.関連リンク
title
Last updated on July 15, 2005
8.研究発表一覧
mark誌上発表
P1. 原島省 (1991) : フェリーで海を計る, 関文威・小池勳夫(編), 海に何がおこっているか, 岩波ジュニア新書 195, pp.12-16.
P2. Harashima, A. (1993) : Continuous marine biogeochemical monitoring by Japan-Korea Ferry boat for the validation of ocean color remote sensing, In Fang, M. and Liu, A. (eds.) Proc. of Symposium on Remote Sensing for Marine environment, Hong Kong, 92-104, Commercial Press.
P3. 原島省 (1993) : 海洋観測データのコンピュータグラフィックス表示, PIXEL, 74-76, 図形処理情報センター.
P4. 原島省 (1995) : 海洋環境の撹乱, 小泉明・兜真徳(編)人間科学全書テキストブック, シリーズ6, 地球規模の健康問題 ?地球環境保健学序説?, pp.193-207, てらぺいあ.
P5. 原島省 (1996) : データの画像化・画像のデータ化, ぶんせき, '96-4, 28-34.
P6. 原島省 (1996) : 海洋環境対策技術?広域海洋環境モニタリングを中心として?, 工業調査会編「環境対策技術百科」, pp.110-115.
P7. 原島省 (1997) : フェリープラットフォームの特性と展開, 月刊海洋, 29(2), 101-108.
P8. 原島省, 功刀正行 (1997) : 海洋環境の変動をモニターする, 裳華房ポピュラーサイエンスシリーズ「海の働きと海洋汚染」, pp.104-136.
P9. Harashima, A., Tsuda, R., Tanaka, Y., Kimoto, T., Tatsuta, H. and Furusawa, K. (1997) : Monitoring algal blooms and related biogeochemical changes with a flow-through system deployed on ferries in the adjacent seas of Japan, In Kahru, M. and Brown, C. W. (eds.) Monitoring Algal Blooms : New Techniques for Detecting Large-Scale Environmental Change, pp. 85-112, Springer.
P10. Harashima, A., Tsuda, R., Tanaka, Y., Kimoto, T. and Hagiwara, T. (1999) : High-Resolution Biogeochemical Monitoring for Assessing Environmental and Ecological Changes in the Marginal Seas Using Ferry Boats, in Sherman, K. and Tang, Q.-S. (eds.), Large Marine Ecosystems of the Pacific Rim, Blackwell, 363-373.
P11. 原島 省, 功刀正行(2000) : フェリー利用による海洋環境モニタリングおよび関連研究, ?経緯と総合的とりまとめ?, CGER報告書R5), 1-28.
P12. 原島 省, 若林孝, 利安忠夫, 太田英介, 坂本重次, 辰田裕,古澤一思, 洲崎吉郎, 竹内義治, 萩原富司(2000) : フェリー利用による海洋モニタリングのシステム設計・管理方法に関する技術的問題と対策, CGER報告書R5), 29-37.
P13. 原島 省, 福島 甫, 野中智幸(2000) : 衛星による海水色データとフェリーによるクロロフィル蛍光データの比較および相互検証, CGER報告書R5), 46-58.
P14. 原島 省, 紀本岳志, 田中祐志, 若林 孝, 利安忠夫, 太田英介(2000) : フェリーにより得られた栄養塩の時空間変動とシリカ欠損, CGER報告書R5), 85-97
P15. 原島 省, 古澤一思, 田中祐志, 津田良平, 紀本岳志(2000) : フェリーによる植物プランクトンの分析手法と結果の概要, CGER報告書R5), 98-106
P16. 原島 省, 林 美鶴, 柳 哲雄(2000) : フェリー取得データに基づく海洋生態系変動短期予測モデルの可能性, CGER報告書R5), 172-180.
P17. 原島省, 武岡秀隆 (2001) : シンポジウム 「沿岸、内湾域における長期モニタリングの方向性」とりまとめ, 沿岸海洋研究, 38(2), 71-72.
P18. 原島 省, Jae-Ryoung Oh, Sun-Hyung Kahng (2001) : フェリーによる環境モニタリングの現状と課題, 沿岸海洋研究, 38, 79-90.
P19. 原島 省(2001) : アジア沿岸海域の環境モニタリングと(N,P)/Si問題, 地球環境研究, 6, 1, 93-104, 国際環境研究協会.
P20. 原島 省(2001) : 人間活動による水域環境の変質?N, P, Siの循環に対する人為的影響?, クリーンエネルギー, Vol. 10, No.11, 57-60.
P21. Harashima, A.(2002) : Marine Environmental monitoring using ferries in Japan, PICES Scientific Report No.21 2002, (Report of the PICES 2002 Volunteer Observation Ship Workshop, Seattle, April 2002), 11-13.
P22. 原島 省(2002) : 陸と海の相互作用をどう測ってゆくか , 瀬戸内海、No.31, 35-39, (社) 瀬戸内海環境保全協会.
P23. 原島 省(2002) : 海洋とその汚染, 概説, 不破・森田(編) 地球環境ハンドブック第2版, 471-475.
P24. 原島 省(2002) : リン・窒素と富栄養化, 同上, 475-480.
P25. Harashima, A., Kimoto, T., Tanaka, Y., Wakabayashi, T., Toshiyasu, T., Ohta, E. and Furusawa, K. (2003) : Silica deficiency in the aquatic continuum -A case study in Japan-, Proceedings of a SCOPE Workshop on Land-Ocean Nutrient FLuxes; The Silica Cycle, Nha Tran, Vietnam, 25-27 September 2000, pp.27-38, Institute of Oceanography, Vietnam.
P26. 原島 省(2003) : 水循環系のリン・窒素増加と溶存ケイ素減少による海洋環境変質, 季刊環境研究, No.129, 47-53.
P27. 原島 省 (2003) : 陸水域におけるシリカ欠損と海域生態系の変質, 水環境学会誌, 26, 621-625.
P28. 原島 省,顔小洋,陶衛峰 (2004) : フェリーによる栄養塩時系列データと反復撮影によるサンゴ礁水中画像データのGIS化, 月刊海洋, 36, 370-375.
P29. 原島 省 (2004) : 定期航路船舶による海の健康診断, 船員ほけん, 612, 4-7.
P30. 原島 省 (2005) : フェリーを利用した栄養塩と植物プランクトンのモニタリング, 遺伝, 59, 88-92.
P31. 原島 省 (2005) : フェリーモニタリングに基づいたシリカ欠損仮説の検証,沿岸海洋研究, 43(印刷中).
P32. Harashima, A., Kimoto, T., Wakabayashi, T. and Toshiyasu, T. : Verification of the global silica deficiency hypothesis based on biogeochemical trends in the aquatic continuum of Lake Biwa-Yodo River-Seto Inland Sea, Japan, (to be published in Ambio)
P33. 日夏宗彦, 塚田吉昭, 南 佳成, 原島 省(2000) : フェリーによる海水モニタリング用連続取水の深度代表性に関する船体模型実験, CGER報告書R5), 38-45.
P34. Hinatsu, M., Tsukada, Y., Tomita, H., and Harashima, (2004) : Study on estimation of original location of water sampled through inlet set on volunteer observing ship, J. Adv. Mar. Sci. Tech. Soc., 9, 37-46.
P35. 飯高 弘, 中野 洋, 齋藤俊幸, 土井卓也, 西山勝男, 佐藤宗純, 藤縄幸雄, 斎藤幸賢, 原島 省(2000) : 定期航路船舶による海洋環境のオンライ監視とプランクトン認識の高度化に関する研究, CGER報告書R5), 59-67.
P36. 紀本岳志, 原島 省(2000) : 高速応答フロースルー型海洋二酸化炭素分圧測定法の開発とフェリー計測への応用, CGER報告書R5), 68-84
P37. 功刀正行, 原島省, 藤森一男, 中野武 (1996) : 定期フェリーを用いた海水中有害化学物質の高密度観測, 日本分析化学会第45年会展望とトピックス, 2.
P38. 功刀正行, 原島 省, 藤森一男, 中野 武 (2002) : フェリーを利用した有害化学物質による海洋汚染の観測, CGER報告書R5), 137-149
P39. 功刀正行 (2001) : 海洋環境計測, 計測制御学会編「計測工学ハンドブック」, 朝倉書店.
P40. 功刀正行, 藤森一男, 中野武, 原島省 (2002) : 定期フェリーを利用した海水中有害化学物質の観測, 分析化学, 51, 1001-1008.
P41. 功刀正行, 藤森一男, 中野武, 原島省 (2002) : フェリーを利用する海洋観測プラットフォームの開発及び日本近海における有害化学物質による海洋汚染観測, 分析化学, 53, 1375-1378.
P42. 大田啓一, 増澤敏行, 濱 健夫, 寺井久慈, 古谷 研, 佐久川弘, 関根義彦, 木村龍治, 中塚 武, 神田穣太, 高橋正征, 原島 省(2000): フェリーによる台風通過前後の海洋環境の変化の観測, CGER報告書R5), 124-136.
P43. 武岡英隆(2000) : グローバル変動検知のための瀬戸内海の総合的モニタリング, CGER報告書R5), 163-171.
P44. 田中茂, 成田祥, 原島省(2000) : 海洋環境中の生物起源硫黄化合物の計測, CGER報告書R5), 115-123
P45. 田中祐志, 津田良平, 紀本岳志, 古澤一思, 原島 省(2000) : レーザー生物粒子カウンターによる植物プランクトンサイズスペクトルの計測, CGER報告書R5), 107-114.
P46. 田尾博明, Rajendran, R. B., 長縄竜一, 中里哲也, 宮崎章, 功刀正行, 原島省 (1999) : 瀬戸内海における有機スズ化合物の分布と起源, 環境化学, 9, 661-671.
P47. 田尾博明, Rajendran, R. B., 長縄竜一, 中里哲也, 宮崎章, 功刀正行, 原島 省(2000) : フェリー利用による瀬戸内海海水中の有機スズ化合物のモニタリング, CGER報告書R5), 150-163.
P48. 塚本秀史, 柳哲雄, 境田太樹, 川村宏, 原島省 (1997) : NOAA/AVHRRによる瀬戸内海の海面水温の季節変動, 海の研究, 6, 279-292.
P49. 塚本秀史, 柳哲雄 (1998) : 瀬戸内海の水温・塩分・pH・栄養塩とクロロフィルaの時間・空間変動, 海の研究, 7(1), 11-20.
P50. 柳 哲雄・原島 省 (2003) : 瀬戸内海における溶存態無機リン・窒素・珪素分布の特徴とその要因, 海の研究, 12, 565-572.

markデータ CD-ROM
D1. Harashima, A. (ed.) (1995) : Collected data of high temporal-spatial resolution marine biogeochemical monitoring from a Japan - Korea Ferry ( June1991-February 1993 ) (CDROM), CGER-D007(CD)-'95, NIES-CGER.
D2. Harashima, A. (ed.) (1997) : Collected data of high temporal-spatial resolution marine biogeochemical monitoring from ferries in the east Asian marginal seas ( April 1994 - December 1995 ) (CDROM), CGER-D012(CD)-'97, NIES-CGER.
D3. Harashima, A. (ed.) (1999) : Collected data of high temporal-spatial resolution marine biogeochemical monitoring from ferry tracks: Seto Inland Sea ( Jan. 1996 - Nov. 1997 ) and Osaka-Okinawa ( Jan.1996 - Mar. 1998 ) (CDROM), CGER-D021(CD)-'99, NIES-CGER.

mark報告書
R1. Harashima, A. (1993) : High frequency marine biogeochemical monitoring from a Japan-Korea Ferry, -1991 Results-, Reports on Global Environmental Monitoring, 1993, pp.20-30, NIES-CGER.
R2. Harashima, A. (1995) : High temporal/spatial resolution marine biogeochemical monitoring from a Japan-Korea Ferry, -1992 to 1993 Results-, Monitoring Report on Global Environment, 1994, pp.13-50, NIES-CGER.
R3. Harashima, A. (ed.) (1998) : Proceedings of the Meeting toward the Cooperative Marine Environmental Monitoring in the Asian Marginal Seas ( CoMEMAMS Meeting ), January 1998, Tokyo, NIES-CGER.
R4. Harashima, A. (ed.) (2000) : Proceedings of the 2nd CoMEMAMS Meeting, November 2000, Tokyo, NIES.
R5. 原島省・功刀正行 (2000) : フェリー利用による海洋環境モニタリングおよび関連研究に関する総合報告書, CGER-REPORT, CGER-M007-2000.
R6. 国立環境研究所(課題代表:原島省), 水産総合研究センター, 信州大学, 岡山大学, 九州大学, 滋賀県立大学 (2005) : 地球環境研究総合推進費終了研究成果報告書「グローバル水循環系のリン・窒素負荷増大とシリカ減少による海洋環境変質に関する研究, 環境省.

8.研究発表一覧 | 誌上発表 | 口頭発表 |
<<海洋TOP | <7.参考資料 | 9.リンク >
Copyright©
Center for Global Environmental Research(CGER)
National Institute for Environmental Studies(NIES)