ホームーページに戻る

 
 
K2 アナドマリ前--(24-25m)

 この位置の概要
  
 水深(満潮観測時の平均水深)1.6m
 サンゴ群集動態

      1998年春の方形枠内のサンゴ被度は90%、その年の初夏のコリン
    ボース状ミドリイシ類大量弊死現象時の被害は軽微。その直後の異
    常高水温により、ほとんどのサンゴが白化を起こし、特にクシハダ
    ミドリイシの被害は顕著。1999年12月の寒波では残存するクシハダ
    ミドリイシの半分が斃死し、さらに、2001年の白化によって残りの
    クシハダミドリイシが完全に斃死。また、2003年には台風波浪の影
    響を受けて被度は半減し、10%となる。

1998/07/02
      立体枠設置。ニコノス20mmレンズステレオ撮影。
      サンゴ群集の概況は、1998/July/03を参照。

1998/07/03
      1m塩ビ方形枠を設置。ニコノス15mmレンズモノラル撮影。
      1998年春におけるサンゴ被度は90%(クシハダミドリイシ70%、
    スギノキミドリイシ10%、コリンボース状ミドリイシ類10%)で、
    初夏のコリンボース状ミドリイシ類の大量弊死現象時の被害は、
    枠内左上隅のクシハダミドリイシとその右下のコユビミドリイシの
    み。生残したクシハダミドリイシはこの時点では生き生きとしてい
    る。

1998/09/12
     「異常高水温後の状態(白化現象)」
      ニコノス15mmレンズモノラル撮影。
      白化直後の様子。ほとんどのミドリイシ類で白化が起こった。

1999/02/18
      立体枠設置。ニコノス20mmレンズステレオ撮影。
      サンゴ群集の概況は1999/July/08を参照。


1999/07/08
      1mステン方形枠設置。ニコノス20mmレンズステレオ撮影。
      白化の被害はクシハダミドリイシで顕著で、枠内の60%が弊死し
    た(枠内左中央とその下)。また、右下のハナガサミドリイシも群
    体全体の約7割が斃死し、枠内のサンゴ被度は半減した。

2000/01/23
     「寒波襲来直後」
      1mステン方形枠設置。ニコノス20mmレンズステレオ撮影。
      1999年12月の寒波では、白化で残存したクシハダミドリイシがさ
    らに被害を被った。本種の斃死率はおよそ50%にも上ったが、他の
    サンゴの斃死は軽微であった。

2000/08/04
      1mステン方形枠設置。ニコノス20mmレンズステレオ撮影。
      寒波時に斃死しなかったサンゴは、この時点でも全て生残してい
    るが、大きな成長は認められない。

2001/06/26
      1mステン方形枠設置。ニコノス20mmレンズステレオ撮影。
      どのサンゴも順調な成長を見せるが、枠内のサンゴ被度は40%程
    度に止まる。

2002/07/16
      1mステン方形枠設置。ニコノス20mmレンズステレオ撮影。
      昨夏の白化は顕著で、この数年の間の諸攪乱を耐えたクシハダミ
    ドリイシは全て斃死した。また、枠内右下にあったハナガサミドリ
    イシも完全に斃死した。これによって、サンゴ被度は20%に低下し
    た。 


2003/06
  調査直前に襲来した大型台風の波浪により、スギノキミドリイシ にかなりの被害が生じ、被度は前年の20%から10%に半減している。