ホームーページに戻る

 
 
K2 アナドマリ前--(19-20m)

 この位置の概要
  
 水深(満潮観測時の平均水深)1.7m
 サンゴ群集動態

      1998年初夏のコリンボース状ミドリイシ類大量弊死現象時の被害は
    軽微で、初夏には海底一面を覆うミドリイシ類主体の美しいサンゴ景
    観が存在。その直後に異常高水温が生じ、ほとんどのサンゴが白化を
    起こし、クシハダミドリイシやコユビミドリイシでかなりの弊死を確
    認。1999年12月の寒波ではスギノキミドリイシに若干の被害が発生。
    2001年の白化被害は顕著であったが、2003年には台風の被害を受ける。

1998/07/02
      立体枠設置。ニコノス20mmレンズステレオ撮影。
      サンゴ群集の概況は、1998/July/03を参照。

1998/07/03
      1m塩ビ方形枠を設置。ニコノス15mmレンズモノラル撮影。
      海底面を完全に覆うミドリイシ類主体の見事なサンゴ群落が見られ
    る。組成は、クシハダミドリイシ(卓状)60%、スギノキミドリイシ
   (枝状)20%、コユビミドリイシ(コリンボース状)10%、その他10%
    である。

1998/09/12
     「異常高水温後の状態(白化現象)」
      ニコノス15mmレンズモノラル撮影。
      白化直後の様子。ほとんどのミドリイシ類が白化を起こし、まるで
    白銀の世界のよう。

1999/02/18
      立体枠設置。ニコノス20mmレンズステレオ撮影。
      サンゴ群集の概況は1999/July/08を参照。

1999/07/08
      1mステン方形枠設置。ニコノス20mmレンズステレオ撮影。
     前年の異常高水温により、クシハダミドリイシの30%、コユビミド
    リイシの50%が弊死したが、スギノキミドリイシの弊死は見られなか
    った。

2000/01/23
     「寒波襲来直後」
      1mステン方形枠設置。ニコノス20mmレンズステレオ撮影。
      1999年12月の寒波ではスギノキミドリイシに若干の被害が生じたが、
    その他のサンゴは健在。

2000/08
      1mステン方形枠設置。ニコノス20mmレンズステレオ撮影。
      スギノキミドリイシの成長が著しく、優占順位がクシハダミドリイ
    シと逆転した。枠内被度も90%にまで回復している。

2001/06
      1mステン方形枠設置。ニコノス20mmレンズステレオ撮影。
      前年と大きな変化はないが、スギノキミドリイシによるクシハダミ
    ドリイシの被覆がさらに進行している。

2002/07
      1mステン方形枠設置。ニコノス20mmレンズステレオ撮影。
      昨夏の白化被害は顕著である。クシハダミドリイシでは枠左上、左
    下、および中央上部の群体、スギノキミドリイシでは左中央から枠外
    の群体、コユビミドリイシでは右上と枠外右中央の群体がそれぞれ完
    全に斃死している。これらの斃死によって、サンゴ被度は55%程に低
    下している。


2003/06
  調査直前に襲来した大型台風の波浪により、スギノキミドリイシに かなりの被害が生じ、被度は前年の55%から40%に減少している。