ホームーページに戻る

 
 
K2 アナドマリ前--(14-15m)

 この位置の概要
  
 水深(満潮観測時の平均水深)2.4m
 サンゴ群集動態

      1998年初夏のコリンボース状ミドリイシ類大量弊死現象時の被害は
    軽微で、初夏には高被度のミドリイシ類景観が存在。その直後に異常
    高水温が生じ、ほとんどのサンゴが白化を起こし、クシハダミドリイ
    シを中心に大きな被害を確認。1999年12月の寒波による被害は軽微で
    あったが、2001年の白化被害はクシハダミドリイシで顕著。スギノキ
    ミドリイシの順調な増加により、本種の優占化が進むが、2003年には
    台風の被害を受ける。

1998/07/02
      立体枠設置。ニコノス20mmレンズステレオ撮影。
      サンゴ群集の概況は、1998/07/03を参照。

1998/07/03
      1m塩ビ方形枠を設置。ニコノス15mmレンズモノラル撮影。
      1998年初夏に深所で起こったコリンボース状ミドリイシ類の大量弊
    死現象の被害は水深3m以浅では少なく、本地点もその被害は軽微で、
    画像に見られるように、被度70%のミドリイシ類主体の高密度な群集
    が存在する。サンゴ群集の組成は、クシハダミドリイシ(卓状)35%、
    スギノキミドリイシ(枝状)20%、コユビミドリイシ(コリンボース
    状)15%である。

1998/09/12
     「異常高水温後の状態(白化現象)」
      ニコノス15mmレンズモノラル撮影。
      白化直後の様子。ほとんどのミドリイシ類が白化を起こしている。

1999/02/18
      立体枠設置。ニコノス20mmレンズステレオ撮影。
      サンゴ群集の概況は1999/July/08を参照。

1999/07/08
      1mステン方形枠設置。ニコノス20mmレンズステレオ撮影。
      前年夏季の異常高水温により、クシハダミドリイシの50%、スギノ
    キミドリイシの10%が斃死したが、コユビミドリイシには被害は見ら
    れなかった。枠内左上部および右下部のクシハダミドリイシは完全に
    死んでいるが、右上部と右中央部の同種群体は生残した。このように
    同地点でも生死に明瞭な差が見られる。

2000/01/23
     「寒波襲来直後」
      1mステン方形枠設置。ニコノス20mmレンズステレオ撮影。
    寒波による影響はほとんど見られない。サンゴ群集の配置は1999/July
    /08と大きな変化はないが、枠内中央下側のクシハダミドリイシ2群体
    の成長の早さが目立つ。

2000/08/04
      1mステン方形枠設置。ニコノス20mmレンズステレオ撮影。
      方形枠が下側にズレたため、枠内のサンゴ配置が異なって見える。
    スギノキミドリイシの成長が目立つ。1998年初夏に死滅したコリンボ
    ース状ミドリイシ類の骨格は残るが、枠内右側ではスギノキミドリイ
    シに覆われ始めている。

2001/06/26
      1mステン方形枠設置。ニコノス20mmレンズステレオ撮影。
      スギノキミドリイシの成長が早く、死んだサンゴのみならず生きた
    ものまで覆い隠す勢いである。枠内左中央付近のスギノキミドリイシ
    が消失したため、それに半ば隠れていたハナガサミドリイシが露わに
    なっている。

2002/07/16
      1mステン方形枠設置。ニコノス20mmレンズステレオ撮影。
      枠内のみならず、枠周辺のクシハダミドリイシの大部分(枠外左上、
    枠外右上、枠内右中央、および枠外中央下)がこの1年間に斃死してい
    る。これは昨夏の白化の影響と思われる。スギノキミドリイシの増加
    は顕著である。枠内の被度は75%ほどで、昨年と同程度である。


2003/06
  調査直前に襲来した大型台風の波浪により、スギノキミドリイシに かなりの被害が生じ、被度は前年の75%から45%に大きく減少してい る。