研究業績等一覧

 

2002年6月

 

国立環境研究所

山形与志樹

 

 

 

学術誌(査読付き)

 

1)     Alexandrov,G., Oikawa,T., and Yamagata,Y. (2002) The scheme for globalization of a process-based model explaining gradations in terrestrial NPP and its application, Ecological Modelling, No.148, pp.293-306

 

2)     Golubyatnikov,L., Yamagata,Y., and Alexandrov,G. (2002) “Stochastic Generator of Monthly Percipitation and Monthly Average Temperature.”, Atomospheric and Oceanic Physics, Vol.38, No.1, pp.40-47

 

3)     Obersteiner,M., Azar,C., Kauppi,P., Mollersten,K., Moreira,J., Nilsson,S., Read,P., Riahi,K., Schlamadinger,B., Yamagata,Y., Yan,J., and Van Ypersele,J. (2001)Managing Climate Risk, SCIENCE, Vol.294, pp.786-787

 

4)     Schlamadinger,B., Obersteiner,M., Michaelowa,A., Grubb,M., Azar,C., Yamagata,Y., Goldberg,D., Read,P., Kirschbaum,M., Fearnside,P., Sugiyama,T., Rametsteiner,E. and Boswald,K (2001)Capping the cost of compliance with the Kyoto protocol and recycling revenues into land-use projects”, The scientific world, 1, pp.271-280

 

5)     Kameyama,S., Yamagata,Y., Nakamura,F. and Kaneko,M. (2001) “Development of WTI and turbidity estimation model using SMA - application to Kushiro Mire, eastern Hokkaido, Japan”, Remote Sensing of Environment, 77, pp.1-9

 

6)     Yamagata,Y. and Alexandrov,G. (2001) “ Would Forestation alleviate the burden of emission reduction? An assessment of the future carbon sink from ARD activities”, Climate Policy, 1(1), pp.27-40

 

7)     山形与志樹、小熊宏之、土田聡、関根秀真、六川修一 (2001)「京都議定書で評価される吸収源活動のモニタリングと認証に関わるリモートセンシング計測手法の役割」リモートセンシング学会誌、21(1), pp.43-57

 

8)     山形与志樹、小熊宏之 (2001)「時系列センサーフュージョン画像を用いた最新分類手法精度比較」リモートセンシング学会誌、Vol.21 No.4, pp.322-329

 

9)     林真智、沼田洋一、小熊宏之、山形与志樹(2001)「リモートセンシングデータを利用した林分構造の計測」写真測量とリモートセンシング, 40(3), pp.41-46

 

10)  Watson,R., et al. (2000) “Land Use, Land-Use Change, and forestry: A special Report of the IPCC”, Cambridge University Press, Ch.3, pp.130-179

 

11)  小熊宏之、山形与志樹 (2000)「ハイパースペクトルビデオシステムの開発」写真測量とリモートセンシング, 39(1), pp.55-58

 

12)  小熊宏之、山形与志樹 (2000)「リモートセンシングデータを用いた森林樹冠率の推定:京都議定書のためのリモートセンシング技術の確立」写真測量とリモートセンシング, 39(2), pp.82-89

 

13)  Yamagata,Y. and Alexandrov,G. (1999) “Political implication of defining carbon Sinks under the Kyoto Protocol”, World Resource Review, 11(3), pp.346-359

 

14)  Alexandrov,G., Yamagata,Y., Oikawa,T. (1999) “Towards a model for projecting Net Ecosystem Production of the world forests”, Ecological Modelling, 123, pp.183-191

 

15)  小熊宏之,山形与志樹 (1998) 「多時期二周波SARデータによる湿原植生分類」, 写真測量と リモートセンシング, 36(6), pp.4-12

 

16)  山形与志樹 (1997) 「複雑な生態系監視のための高度リモートセンシング手法」, 東京大学大学院総合文化研究科, 博士論文, pp.1-148

 

17)  小熊宏之,山形与志樹 (1997) 「湿原植生分類図作成に有効となる観測時期の選択」, 写真測量とリモートセンシング, 36(4), pp.5-16

 

18)  小熊宏之,山形与志樹 (1997) 「湿原植生分類に有効となるGLI観測バンドの選定」, 写真測量とリモートセンシング, 36(1), pp.27-36

 

19)  山形与志樹、杉田幹夫、安岡善文 (1997) 「植生・土壌・水(VSW)指数アルゴリズムの開発とその応用」, 日本リモートセンシング学会誌, 17(4), pp.54-64

 

20)  Yoshiki Yamagata and Yoshifumi Yasuoka (1996) “Unmixing wetland vegetation types by subspace method using hyperspectral CASI image”, Int. Archives of Photogrammetry and remote Sensing, 31(), pp.781-787

 

21)  山形与志樹、小熊宏之、冨土他裕子 (1996) 「多時期のランドサットTM画像を用いた湿原植生分類」, 写真測量とリモートセンシング, 35(4), pp.9-17

 

22)  山形与志樹 (1996) 「部分空間法によるミクセル分解と超多波長画像への応用」, 写真測量とリモートセンシング, 35(3), pp.34-42

 

23)  小熊宏之,山形与志樹 (1996) 「二時期航空機MSSデータを用いた湿原植生分類に有効な 観測波長帯の研究」, 写真測量とリモートセンシング, 35(1), pp.36-45

 

24)  山形与志樹、安岡善文、岩熊敏夫 (1996) CASI画像と微細標高データの重ね合わせ解析による湿原モニタリング」, 日本リモートセンシング学会誌, 16(4), pp.33-40

 

25)  山形与志樹、安岡善文、宮崎忠国、小熊宏之、森山隆、中谷幸弘 (1995) 「航空機MSS実験 による湿原植生判別に有効な波長帯の選定と植生分類画像の作成」, 日本リモートセンシング学会誌, 15(3), pp.22-35

 

26)  山形与志樹、安岡善文、宮崎忠国、小熊宏之、森山隆、中谷幸弘 (1992) 「ランドサットTM画像を用いた火災による釧路湿原焼失面積の推定」, 12(4), pp.71-76

 

27)  根本正之、山形与志樹 (1990) 「人工草地における優占牧草と侵入雑草との関係」, 草地生態, 27, pp.1-14

 

28)  Wiengand,C., Shibayama,M., Yamagata,Y., and Akiyama,T. (1989) “Spectral Observations for Estimating the Growth and Yield of Rice”, Japanese Journal of Crop Science, 58(4), pp.673-683

 

29)  Yamagata,Y. (1989) “Remote sensing of agricultural damage”, Bulletin of the Biometric Soc. of Japan, 10(1), pp.23-34

 

30)  Takezawa,K. and Yamagata,Y. (1988) “Introducing Common Sense into statistics”, Bulletin of The Biometric Soc. of Japan, 9(2), 165-173

 

31)  Akiyama,T., Shibayama,M., Yamagata,Y. (1988) “Crop growth diagnosis from low altitude platfor-sensor systems”, Int. Archives of Photogrammetry and Remote Sensing, 27(7), pp.11-20

 

32)  Shibayama,M., Wiegand,C., Akiyama,T., Yamagata,Y. (1988) “Radiometric predictions for agronomic variables of rice canopies using visible to mid-infrared spectroradiometer”, Int. Archives of Photogrammetry and Remote Sensing, 27(7), pp.508-517

 

33)  Yamagata,Y., Wiegand,C., Akiyama,T., Shibayama,M. (1988) “Flood inundataion and rice crop damage analyzed by multitemporal TM data”, Int. Archives of Photogrammetry and Remote Sensing, 27(7), pp.707-717

 

34)  Yamagata,Y., Wiegand,C., Akiyama,T., Shibayama,M. (1988) “Water turbidity and perpendicular vegetation indices for paddy rice flood damage analyses”, Remote Sensing of Environment, 26(3), pp.241-251

 

35) Yoshiki Yamagata and Tsuyoshi Akiyama (1988) “Flood damage analysis using multi-temporal Landsat Thematic Mapper data”, International Journal of Remote Sensing, 9(3), pp.503-514

 

 

学術論文(総説・招待)

 

1)    山形与志樹、水田秀行 (2002)「京都議定書にかかわる国際制度設計:マルチエージェントシュミレーションの役割」, システム/制御/情報, Vol.47, No.9, pp1-8 (in press)

 

2)    山形与志樹 (2002)「二酸化炭素シンクの考え方」-COPまでの考え方と今後の課題], 紙パ技協誌, Vol.56, No.5, pp30-38

 

3)    水田秀行、山形与志樹(2002)「国際排出量取引のエージェントベースシミュレーション」, シミュレーション, Vol.21, No.1, pp.40-4

 

4)    山形与志樹 (2002)「地球温暖化リスクに関する国際制度シュミレーション」, シュミレーション, Vol.21 No.1, pp.30-39

 

5)    山形与志樹、水田秀行(2001)「京都議定書、国際排出量取引のエージェントベースシミュレーション」, オペレーションズ・リサーチ, 10, pp.27-32

 

6)    山形与志樹(2001)「京都議定書における吸収源の取り扱い−COP6での交渉と科学的知見−」, 紙パ技協誌, 55(10), pp.18-26

 

7)    山形与志樹 (2000)「京都議定書の吸収源:IPCC特別報告書における検討」, 環境研究, No.17, pp.65-70

 

8)    山形与志樹 (1998) 「地球温暖化と湿地の未来〜リモートセンシングによる解析」, 遺伝, 52(7), pp.16-20

 

9)     山形与志樹 (1998) 「気候変動リスクの評価と管理へのアプローチ〜交渉過程の学習ゲーム モデルと比較制度分析」, 環境情報科学, 27(4), 28-30

 

 

著書

 

1)      山形与志樹、石井敦(2002)「吸収源に関する主要論点と交渉経緯」高村、亀山編、京都議定書の国際制度、信山社、p121-145

 

2)      Mizuta,H. and Yamagata,Y. (2001) “Agent-based Simulation and Greenhouse Gas Emissions Trading”, Proceeding of the 2001 Winter Simulation Conference, B.A. Peters. J.S. Smith, D.J. Mederions, and M.W. Rohrer, eds., pp.525-540

 

3)      Mizuta,H. and Yamagata,Y. (2002)Agent-Based Simulation and Gaming System for International Emissions Trading, Agent-Based Approaches in Economic And Social Complex Systems, Namatame,A., Terano,T., and Kurumatani,K. eds., IOS Press, pp.69-78

 

4)      Mizuta,H. and Yamagata,Y. (2001) “Agent-Based Simulation for Economic and Environmental Studies”, New Frontiers in Artificial Intelligence, Springer, pp.142-152

 

5)      Yamagata,Y. and Alexandrov,G. (2001) “Global potential of carbon sinks under the Kyoto Protocol”, Present and Future of Modeling Global Environmental Change: Toward Integrated Modeling Eds., T.Matsuno and H.Kda, pp.421-426, TERRAPUB

 

 

研究所報告書(査読付き)

 

1)    Yoshiki Yamagata (1999)Advanced Remote Sensing Techniques for Monitoring Complex Ecosystems - Spectral Indices, Unmixing, and Classification of Wetlands”, Research Report from the National Institute for Environmental Studies, R141, pp.1-148

 

2)    川島康子、山形与志樹 (1999) 「CDM、共同実施におけるベースライン設定方法に関する議論の概要」、国立環境研究所報告、R145, pp.1-86

 

3)    Yoshiki Yamagata and Masayuki Nemoto (1992) “Spatial Competition Model of Plant Growth Form Strategy”, Ecological Processes in Agro-Ecosystems, NIAES, 1, 47-54

 

 

研究所報告書(査読なし)

 

1)    天野正博、山形与志樹 (2001)「陸域生態系の吸収源機能に関する科学的評価についての研究の現状」、地球環境研究センター、D030, pp.1-154 

 

2)    辻井達一、山形与志樹、松井香里 (2001)「地球温暖化と湿地保全に関する国際ワークショップ報告書」、地球環境研究センター、D032, pp.1-139

 

3)    山形与志樹、石井敦 (2001)「京都議定書における吸収源:ボン合意とその政策的含意」地球環境研究センター、D029, pp.1-19

 

4)    Gran Sewell and Yoshiki Yamagata (2001) “Institutional Dimension of Global Environmental
Change: Carbon Management Research Activities”, CGER, D028, pp.1-113

 

5)    山形与志樹、山田和人 (2000) 「京都議定書における吸収源プロジェクトに関する国際的動向」、地球環境研究センター、D27, pp.l-131

 

 

国際学会発表(最近5年)

 

1)    Mizuta,H. and Yamagata,Y. (2001) “Agent-based Simulation and Greenhouse Gas Emissions Trading”, Winter Simulation Conference 2001, December, San Diego, USA

 

2)     Mizuta,H. and Yamagata,Y. (2001) “Agent-Based Simulation for Economic and Environmental Studies”, First International Workshop on Agent-based Approaches in Economic and Social Complex Systems, May, Shimane, Japan

 

3)     Alexandrov,G., Oikawa,T., and Yamagata,Y. (2001) “The Use of the Osnabruck NPP Dataset in Globalization of a Process-Based NPP Model”, IGBP Open Science Conference, July, Amsterdam, Netherlands

 

4)     Alexandrov,G., and Yamagata,Y. (2001) “Managing Terrestrial Carbon Sinks: Do Rewards Justify the Risks?”, IGBP Open Science Conference, July, Amsterdam, Netherlands

 

5)     Alexandrov,G., Oikawa,T, and Yamagata.Y. (2001) “Climate dependence of CO2 fertilization effect on terrestrial Net Primary Production”, 6th International Carbon Dioxide Conference, October, Sendai, Japan

 

6)     Alexandrov,G., Yamagata,Y. and Oikawa,T. (1999) “Developing carbon budget of world forests with biosphere model” IGBP Open Science Conference, May, Hayama, Japan

 

7)     Yamagata,Y. (1999) “Institutional Dimention of Sink for Cooperation under the Kyoto Protocol”, IGBP Open Science Conference, May, Hayama, Japan

 

8)     Alexandrov,G., Yamagata,Y. and Oikawa,T. (1999) “Developing carbon budget of world forests with a biosphere model”, IGBP Open Science Conference, May, Hayama, Japan

 

9)     Yamagata,Y. and Alexandrov,G. (1999) “Political Implications Of  Defining  Carbon  Sinks under the Kyoto Protocol”, 10th Global Warming Int. Conf.& Expo., May, Fujiyoshida, Japan

 

10)  Alexandorv,G. and Yamagata Y. (1999) “Forest Carbon Budget :Merging Global Carbon Cycle Model and Forest Inventory”, 10th Global Warming Int. Conf. & Expo., May, Fujiyoshida, Japan

 

11)  Yamagata,Y. (1999) “Special report on Landuse, Landuse change and Forestry”, 9th Asia-Pacific Seminar on Climate Change”, Shiga, July, Japan

 

12)  Yamagata,Y. and Oguma,H. (1997) “Bayesian Feature Selection For Classifying Multi-Temporal SAR and TM Data, IGARSS’97, Singapore, August

 

 

国内学会発表(最近5年)

 

1)    水田秀行、山形与志樹 (2002)「国際排出権取引におけるシミュレーションとゲーミング」第127回知能と複雑系研究会、修善寺町、情報処理学会研究報告、pp. 159-165

 

2)    水田秀行、山形与志樹 (2002)「エージェントフレームワークとウェブゲーミングシステムを用いた国際排出権取引実験」第25回システム工学部会研究会、東京、「人工社会・組織・経済の基礎理論と応用」〜人工社会・組織・経済の基礎原理からゲーム社会の応用まで、pp. 61-66

 

3)    山形与志樹 (2001)「京都議定書における吸収源の取扱いとリモートセンシングの役割」第27回計測自動制御学会リモートセンシングシンポジウム特別講演、10月、東京

 

4)    山形与志樹 (1999)「京都議定書の吸収源の取り扱いに関するIPCC特別報告書−吸収量算定におけるリモートセンシングの役割」、日本リモートセンシング学会、第28回学術講演会論文集、5月、つくば

 

5)    山形与志樹、六川修一、土田聡、小熊宏之、関根秀真 (1998)「京都フォレスト計測におけるリモートセンシングデータの高度利用-吸収源活動の定義オプションと利用可能センサーの評価-日本リモートセンシング学会、第26回春季学術講演会、千葉

 

6)    山形与志樹 (1997)「グローバルリスクの評価と管理について-学習ゲーム理論による比較制度分析」日本リスク学会第10回研究会発表

 

7)    山形与志樹(1997)「ガウシアンプロセスによるリモートセンシング画像分類」日本リモートセンシング学会,東京