<HOME

地球温暖化研究プロジェクト
Last Updated 2004,04,02

あいさつ 研究概要 メンバー


 地球の温暖化は対策を講じれば本当に防ぐことができるのでしょうか。 化石燃料の使用が地球の温暖化をもたらすことは明らかですが、自然界における 温室効果ガス循環過程の詳細や温暖化による二次的な影響、さらに対策を実施したときの将来予測などについては、まだまだ科学的な研究が十分ではありません。  当研究所では、豊富なデータに基づいて、このような不確実な事柄を解明し、 経済活動、気候などあらゆる事象を織り込んだ地球規模の総合モデルにより、最 新の科学に基づく地球の未来にとって最善のシナリオを探っていきます。

「地球温暖化とは」
地球の温度は日射エネルギーと地球から宇宙に出ていく熱のバランスとで決まります。 太陽光によって暖められ、地表から出された熱(赤外線)の何割かは大気中の温室効果ガスに吸収され、再び地表へと放出されるのです。人間の活動により、二酸化炭素などの温室効果ガスの濃度が急激に上昇したため、これまで以上に赤外線が温室効果ガスに吸収されることになり、地表の温度が上昇してしまうのです。

1.調査、観測
 温室効果ガスの挙動を、地上観測点、船舶、航空機など立体的な観測網で調査・解析し、物質循環に関する研究を行っています。 これにより、太平洋の中緯度海域が二酸化炭素の大きな吸収源になってることが分かりました(図:北太平洋の二酸化炭素年間吸収量分布図)。また湿地などからのメタンの放出や森林による二酸化炭素の吸収などについて、シベリア地域や北海道などで観測・研究を進めています。

2.解明・予測
 温室効果ガスとエアロゾル(大気中に浮遊する固体、または液体。温室効果を抑制する)の増加を考慮して気候モデルにより100年後までの地上気温の変化を推定しています(図:気候モデルによる温暖化の将来の見通し実験結果)。また、地上気温や降水量の変化は、作物の耕作範囲等に大きく影響するため、温暖化による人類への影響を議論する際に、不可欠な情報となります。大気、海洋、陸域とそれらの相互作用を物理学的に表現する気候モデルを東京大学気候システム研究センターと共同して開発しています。

3.対策
 アジア太平洋地域における温室効果ガスの排出量が急激に上昇しており、その対策が緊急の課題となっています。温室効果ガス排出の将来推計、排出削減対策の効果分析、温暖化影響の評価を統合的に行うために、アジア太平洋統合モデル(AIM)を開発しています。温暖化による影響の予測については、水資源、植生、健康、農業への影響評価のためのモデル開発を進めています(図:温暖化による河川流量の変化)。

   

北太平洋の二酸化炭素年間吸収量分布図   気候モデルによる温暖化の将来の見通しの実験結果グラフ
北太平洋の二酸化炭素年間吸収量分布図(g炭素/m2/年)   気候モデルによる温暖化の将来の見通し実験結果
(全球年平均地上気温の年々増加)

       SUL: 温室効果ガスの増加にエアロゾルの増加をきちんとした方法で考慮
   ALB: 温室効果ガスの増加にエアロゾルの増加を簡便な方法で考慮
   GHG: 温室効果ガスの増加のみ考慮
   CTL: 温室効果ガス・エアロゾルの増加がない場合
   CTLの最初の50年間平均値(14.2℃)をゼロとして示しています。
温暖化による河川流量の変化  
温暖化による河川流量の変化
(世界平均気温2℃上昇時)
   

炭素循環研究チーム
CO2等主要温室効果ガスの地球規模循環(発生・吸収・消滅)過程を解明する観測・プロセス研究、温暖化が炭素循環に及ぼす影響評価の研究

炭素吸収源評価研究チーム
森林等によるCO2吸収量の認証・取引システムの確立に向けた、高精度リモートセンシング計測手法の開発、およびCO2吸収量評価モデルの開発

社会経済・排出モデル研究チーム
社会経済の発展、温室効果ガスの排出、温暖化対策の効果、持続可能な発展との係わり等を統合的に評価するためのモデル開発及びその適用に関する研究

気候モデル研究チーム
温室効果ガス及びエアロゾル源等の排出の増減に対する気候変動を評価するための気候モデルの開発・高精度化及びその適用に関する研究

影響・適応モデル研究チーム
気候変動に伴い環境的・社会的影響、これらの影響への適応可能性、持続可能な発展との係わり等を評価するためのモデル開発及びその適用に関する研究


メンバー
※E-mailには末尾に ”@nies.go.jp” がつきます。

氏名 職名 研究課題 研究計画 E-mail
井上 元 プロジェクトリーダー(併任) 

シベリアでの温室効果ガス観測研究

H16 H15 inouegen
甲斐沼 美紀子 サブリーダー(併任)  温暖化影響対策総合評価モデルの開発研究 H16 H15 mikiko
須藤 洋志 NIESポスドクフェロー 陸域炭素収支計測のための新しいセンサー開発 H16 H15 suto.hiroshi
下山 宏 NIESアシスタントフェロー フラックス観測による大気−陸域生態系での二酸化炭素交換プロセスの解明 H16 H15 shimoyama.kou
炭素循環研究チーム
野尻 幸宏 総合研究官 温室効果ガスの観測研究、海洋炭素循環研究  H16 H15 nojiri
向井 人史 (併任) 二酸化炭素の動態・大気汚染の長距離輸送 H16 H15 lnmukaih
町田 敏暢 (併任) 大気中における温室効果気体の循環の解明 H16 H15 tmachida
遠嶋 康徳 (併任) 大気中の温暖化気体の測定 H16 H15 tohjima
高橋 善幸 (併任) 同位体測定による地球温暖化気体の動態解明 H16 H15 yoshiyu
荒巻 能史 (併任) 化学的手法による海洋炭素循環研究 H16 H15 ara
Shamil Maksyutov (併任) 大気中二酸化炭素輸送と地表面フラックスの全球モデル化に関する研究 H16 H15 shamil
炭素吸収源評価研究チーム
山形 与志樹 総合研究官(併任) 陸域生態系−炭素管理モデルカップリング研究 H16 H15 yamagata
藤沼 康実 (併任) 森林生態系の物資循環機能の観測研究 H16 H15 fujinuma
小熊 宏之 (併任) 吸収源のリモートセンシング H16 H15 oguma
Georgii Alexandrov NIESポスドクフェロー 陸域炭素吸収モデリングに関する研究 H16 H15  
武田 知己 NIESポスドクフェロー リモートセンシングによる温室効果ガス吸収能の評価 H16 H15 takeda.tomomi
岩男 弘毅 NIESポスドクフェロー 地上リモートセンシングと衛星リモートセンシング による光合成有効放射量の高精度推定 H16 H15 iwao.koki
木下 嗣基 NIESポスドクフェロー 陸域炭素吸収の生態・経済統合モデルリングの研究 H16 H15 kinoshita.tsuguki
社会経済・排出モデル研究チーム
甲斐沼 美紀子 総合研究官(併任) 温暖化影響対策総合評価モデルの開発研究 H16 H15 mikiko
増井 利彦 (併任) 温暖化統合評価及び環境産業モデルの開発 H16 H15 masui
藤野 純一 (併任) エネルギー供給サイドの地球温暖化対策 H16 H15 fuji
日引 聡 (併任) 環境経済モデルの開発と環境政策の分析 H16 H15 hibiki
亀山 康子 (併任) 国際政治学/政策科学から見た地球環境問題 H16 H15 ykame
花岡 達也 (併任) Enduse Modelの開発,フロン排出抑制への国内・国際間対策 H16 H15 hanaoka
久保田 泉 (併任) 地球環境問題解決に向けた国際制度のあり方についての法的分析 H16 H15 izumi
Rahul Pandey JSPSフェロー アジア太平洋地域における環境イノベーション戦略のためのモデル、データベース、及びフレームワークの開発 H16 H15 rahul.pandey
気候モデル研究チーム
江守 正多 (併任) 地球温暖化による地域規模の気候変動の解明 H16 H15 emori
野沢 徹 (併任) 全球規模の長期気候変動の機構解明 H16 H15 nozawa
日暮 明子 (併任) エアロゾル特性の全球リモートセンシング H16 H15  
小倉 知夫 (併任) 大気海洋結合モデリングによる気候変動の研究 H16 H15 ogura
影響・適応モデル研究チーム
原沢 英夫 総合研究官(併任) 環境指標、温暖化の影響、統合モデル H16 H15 harasawa
肱岡 靖明 (併任) 都市の水環境のモデル化 H16 H15 hijioka
高橋 潔 (併任) 気候変動が水資源・農業に及ぼす影響の評価 H16 H15 ktakaha



HOME

Copyright(C) National Institute for Environmental Studies.
All Rights Reserved. www@nies.go.jp