ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

反応化学計測研究室

研究概要

 環境中での反応性化学物質(汚染物質)の時空間分布変動や化学変質機構の解明のための、前駆体物質や変質の指標計測、物質のリアルタイム追跡、変質が特異的に進行する場の選択的計測に係る手法の開発・高度化とその活用に関する研究を実施しています。
 具体的には、化学イオン化質量分析法を用いた大気光酸化反応実験やフィールド観測、ガスクロマトグラフィ/質量分析法による有機指標成分測定に基づくPM2.5の起源・動態解析、新規の界面反応測定手法を用いた気液界面で起こる不均一ラジカル反応のその場計測などを行っています。

メンバー

氏名 職名 研究・仕事
 猪俣 敏  研究室長  化学イオン化質量分析法による反応性大気微量成分計測
 伏見 暁洋  主任研究員  大気中のガス状・粒子状有機物質の測定と起源・動態解析
 江波 進一  主任研究員  大気エアロゾル表面、および生体表面で起こる不均一反応機構の研究
 千葉 真紀  高度技能専門員  炭素分析と当該装置の維持管理,大気微小粒子等の採取・秤量等に関する実験補助
 肥後 桂子  高度技能専門員  大気汚染物質常時監視機器の維持管理,環境標準物質の作製等に関する実験補助
 工藤 亜希子  アシスタントスタッフ  研究室事務サポート

主な研究課題

化学イオン化質量分析法による揮発性有機化合物の測定に関する研究
有機指標成分の測定に基づく大気微小粒子(PM2.5)の起源・動態解析
新規界面反応計測手法を用いた大気エアロゾル、および生体表面で起こる不均一反応機構の研究

主な研究業績

1.       Inomata S., Yamada H., Tanimoto H. (2016) Investigation on VOC emissions from automobile sources by means of on-line mass spectrometry, Curr. Poll. Rep., 2, 188–199.

2.       猪俣 (2015) 大気汚染物質の先端的分析法. ぶんせき, 通巻490, 459–463.

3.       猪俣 , 廣川淳, 坂本陽介 (2015) 大気化学研究の最前線-二次生成有機エアロゾルSOAの生成メカニズムに迫る. 化学, 70 (9), 25–30.

4.       Fushimi A., Kondo Y., Kobayashi S., Fujitani Y., Saitoh K., Takami A., Tanabe K. (2016) Chemical composition and source of fine and nanoparticles from recent direct injection gasoline passenger cars: Effects of fuel and ambient temperature, Atmospheric Environment, 124A, 77–84.

5.       伏見暁洋2015)微小粒子・ナノ粒子の起源・動態解明のための高感度有機分析法の開発と適用,大気環境学会誌,50, 2, 85-91.

6.       Fushimi A., Hashimoto S., Ieda T., Ochiai N., Takazawa Y., Fujitani Y., Tanabe K. (2012) Thermal desorption–comprehensive two-dimensional gas chromatography coupled with tandem mass spectrometry for trace determination of polycyclic aromatic hydrocarbons and their derivatives, J. Chromatogr. A., 1252, 164–170, http://dx.doi.org/10.1016/j.chroma.2012.06.068

7.       Enami S., Hoffmann M. R., Colussi A. J. (2016) Halogen radical chemistry at aqueous interfaces, J. Phys. Chem. A, 120, 6242–6248.

8.       Enami S., and Sakamoto Y. (2016) OH-radical oxidation of surface-active cis-pinonic acid at the air-water interface, J. Phys. Chem. A, 120, 3578−3587.

9.       Enami S., Sakamoto Y, Hara K., Osada K., Hoffmann, M. R., Colussi A. J. (2016)“Sizing” heterogeneous chemistry in the conversion of gaseous dimethyl sulfide to atmospheric particulates, Environ. Sci. Technol., 50, 1834–1843.