ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

応用計測化学研究室

研究概要

有機化合物の網羅的一斉分析や地球上の炭素循環を解明するための研究など、先進的で先導的な化学物質の分析法の開発とそれを応用した研究を行っています。
POPsを含む各種有機化合物について、モニタリング手法、迅速分析法、網羅分析法の開発や分析対象媒体の拡大を目指して、GC×GC-HRTOFMS、GC×GC-MS/MSなどによる環境試料中の各種有機ハロゲン系化合物の一斉定量法、網羅分析に必要とされるデータ解析法及びそのLC-HRTOFMSへの応用などを研究しています。また、放射性炭素同位体等を用いて、土壌有機炭素の分解特性やCO2の発生源の特定を進めることで、温帯域から北極域まで様々な生態系における炭素循環の実態とメカニズム解明につながる研究をしています。

a) GC×GC-HRTOMS、b) GC×GC-MS/MS、c) GC×GCモジュレーター(GC内部)

メンバー

氏名 職名 研究・仕事
橋本 俊次 室長 残留性有機汚染物質の分析及び解析に関する研究
高澤 嘉一 主任研究員 残留性有機汚染物質の測定と環境モニタリング
近藤 美由紀 研究員 土壌有機炭素の動態解明と温暖化影響評価
家田 曜世 研究員 多次元分離技術による環境および生体中有機化学物質の網羅分析法の開発
小林 美哉子 高度技能専門員 実験補助
鬼塚 弓子 高度技能専門員 実験補助
渡邉 裕子 アシスタントスタッフ 研究室事務サポート
北崎 千富美 アシスタントスタッフ 実験補助
岩崎 多摩樹 派遣職員 データ解析
丸田 康 派遣職員 化学物質管理区域の事務サポート

主な研究業績

  1. Zushi Y., Hashimoto S., Tanabe K.(2016) Nontarget approach for environmental monitoring by GC x GC-HRTOFMS in the Tokyo Bay basin, Chemosphere, 156:398-406.
  2. Zushi Y., Hashimoto S., Tanabe K.(2015) Global Spectral Deconvolution Based on Non-Negative Matrix Factorization in GC x GC-HRTOFMS, Analytical Chemistry, 87:1829-1838.
  3. Hashimoto S, Zushi Y., Takazawa Y., IEDA T., Fushimi A., Tanabe K., Shibata Y.(2015) Selective and comprehensive analysis of organohalogen compounds by GC×GC-HRTofMS and MS/MS, Environmental Science and Pollution Research.
  4. Hashimoto S., IEDA T., Takazawa Y., Tanabe K., Shibata Y., Zushi Y. (2015) Selective and Comprehensive Analysis of Organohalogens by GCxGC-HRTOFMS, International Network of Environmental Foresics Conference (The INEF2015), Abstracts, 55.
  5. Takazawa Y., Takasuga T., Doi K., Saito M., Shibata Y.(2016) Recent decline of DDTs among several organochlorine pesticides in background air in East Asia, Environmental Pollution.
  6. Takazawa Y., Kinoshita A., Yoshikane M., Tanaka A., Shibata Y.(2015) Nationwide investigation of perfluorinated alkyl substances in Japan by using bivalve and dragonfly as bioindicators, FLUOROS 2015, Abstracts, T-136.
  7. Kishimoto-Mo A.W., Yonemura S., Uchida M., Kondo M., Murayama S., Koizumi H. (2015) Contribution of soil moisture to seasonal and annual variations of soil CO2 efflux in a humid cool-temperate oak-birch forest in central Japan, Ecological Research, 30(2):311-325.
  8. Nakatsubo T., Uchida M., Sasaki A., Kondo M., Yoshitake S., Kanda H. (2015) Carbon accumulation rate of peatland in the High Arctic, Svalbard: Implications for carbon sequestration, Polar Science, 9(2):267-275.