ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

センター長室

センター長挨拶

渡邉センター長

環境計測研究センターは、「計測」に着目した環境研究を進めています。私たちをとりまく環境は、自然、生態系などで構成され、バランスを保ちながら、互いに影響を及ぼし合っています。これらの環境をとらえ、理解し、保つためには、大気、水、土壌といった環境を構成する要素を計測して環境を知り、現状を把握することが重要な鍵となります。これらに含まれる化学物質や粒子などの分布や動きを、様々な計測法で分析、解析することで、原因を知り、対策に繋げていきたいと考えています。環境計測研究センターでは、自然、生態系、そしてヒトへの影響にも着目していまして、これらの「計測」にも注力しています。これらの研究に必須となる高精度計測のため、日々、計測技術の高度化に励みつつ、標準物質による計測精度管理なども行っていきます。環境研究に必須なものの一つである計測は、環境計測研究センターで完結するものではありません。所内の各研究センターとは勿論のこと、所外の研究機関などとの連携が欠くことの出来ないものとなります。ご支援、ご協力をお願いいたします。

メンバー

氏名 職名 研究・仕事
渡邉 英宏 センター長 磁気共鳴法を用いた化学物質のヒト脳への影響評価
今村 隆史 フェロー 大気化学反応
田邊 潔 フェロー 大気汚染物質、化学物質などによる汚染・曝露実態と対策
杉本 伸夫 フェロー 光アクティブ遠隔計測手法による大気の観測研究
瀬山 春彦 フェロー 固体環境試料の状態分析・局所分析
柴田 康行 フェロー POPs分析、化学動態・同位体分析、加速器質量分析(AMS)、生体内化学物質の分析、環境試料長期保存(スペシメンバンク)
伊藤 愛 センター長秘書 センター長秘書・センター内事務取りまとめ
岡野 舞 会計事務 センター内会計指導・補助